メインメニュー


山行報告


よみもの


読み物・エッセー : 菅平の雪
投稿者: admin 投稿日時: 2007-3-30 20:00:12 (967 ヒット)

菅平の雪

正月4〜8日、峰の原スキー場に行きました。S藤勝Paとは、ニアミスでしたね。この地域の雪が
面白かったので、少し報告させてもらいます。ひょっとすると常識(あるいは勘違い)なのかも知
れませんが、その場合は是非ご指摘の上、ご容赦下さい。

1/4、菅平グリーンゴルフ場にてクロカン(テレマーク)で遊んでいましたが、雪質がものすごく軽
い。年末の降雪から時間が経っているのに、なぜ?雪を手に取ってみると、結晶になっている。

以下、宿泊した「ペンションきのこ」のオーナー夫妻に、聞いた話です。

*******************************************************************
峰の原(菅平)の雪は、ものすごく軽くて乾燥しており、雪だるまが作れない。水をかけて作って
も、だんだん煙を上げていずれバラバラに崩れてしまう。
スノーマシンの雪も、作って山にし、そのまま積み上げておくと、いずれサラサラの雪に変わって、
風でゲレンデにまき散らされ、とても良い状態になる。
雪が良すぎて、つまらないくらい。白馬あたりの重めの新雪の方が面白い。
*******************************************************************

菅平は気象データがそろっている(気象庁HP)ので調べてみると、冬季の最高気温と最低気温の差
が、非常に大きい。2006年2月だと、35度にもなる。降雪量は、そこそこ(スキー場としては少な
め)である。野沢や湯沢と比べて、大きく違う。条件が似ているのは、開田高原。
つまり、典型的な内陸性の気候で、気温変化の大きさと積雪量の少なさによって、雪に顕著な温度
勾配が生じ、広い範囲でシモザラメ雪化が進んでいるように思います。これは、厳冬期を中心に、
結構長い期間であるようです。

日本にもこういう場所があるんだ、と改めて感じ入りました。根子岳は、晴天満月の夜のツアーが
素晴らしいらしい。我々も、子連れながら月明かりで結構遊び回りました。この周辺の山とスキー
場は、今まで自分のリストに入っていなかったので、家族スキーの思わぬ見つけ物です。

エッセートップに戻る

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド


Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2